現行の軽自動車規格スタートしたのは、1998年、か。登録車はバブル崩壊後のコストダウンで一気に安っぽくなったとか言われるけれど。軽自動車に関しては、むしろ景気が悪くなる流れも手伝って拡大市場にあり、それまで安っぽかったのが一気に資本が集中、クォリティが上がった、その頂点に達したのが1998年だったのかなぁって気がする。メーカーによって若干の時差はあるけど、とにかく新規格移行時あたりから、軽自動車はぐっとクルマになった。

そしてまた、面白いクルマがたくさんあったよね。スポーツ系こそ、コペンまで一瞬途絶えるけれど、クロカン/SUV系は伝統のジムニー、規格拡大前から気を吐いていたパジェロミニに加え、ダイハツはテリオスキッド、そして、ホンダもZと、4種が一堂に揃う、豪華な時期だった。

特筆すべきは、これらすべてが、乗用車系のFFプラットフォームではなく、独自のレイアウトを持っていたこと。
この先も、FF乗用車ベースのクロスオーバーが出そろうことはあるかもしれぬが、四駆のためだけに起こしたプラットフォームの四駆が4種もそろうなんて、未来永劫ないんだろう。

独自とはいえ、各社味付けはそれぞれ異なっており、一番オフ向けなのは今も昔もジムニー、間違いない。ベッコベコに言わしても生還できよう独立したラダーフレーム、副変速機を備えたパートタイム4WD、前後リジッドサスと、まぁよくもここまで。タイヤも唯一16インチである。

パジェロミニは、スペックだけ見ると確かにオフ性能は劣る。フロントはストラットだしタイヤは15インチだし。ボディもフレーム構造はビルトインではあるが一応モノコック。四駆はパートタイムだし、んま、ガチでクロカンでもしない限りは十分な性能なんだけれどね。
テリオスキッドも、フロントストラットで、15インチ、ビルトインフレームのモノコックと、パジェミと似たり寄ったり。決定的な違いは、世間様は4ドアってハナシになるが、それよりセンターデフ組んだフルタイム4WDってこと。オンロード主体の昨今、ガチのパートタイムははっきり言って使い道がない。それこそ買って一度も4WDになど入れぬかもしれぬ。そこは、少々荒れたロードを走るのに常に4WDのテリキは、むしろいいと思うんだよね。しかも、副変速機こそないが、デフロックはできる。よくジムニーvsパジェミが取り上げられるけれど、テリキは一戦交えていい。残念なのは、エアロダウンなる、最低地上高を下げる(エアロパーツ分だけじゃね?と思うんだが)仕様が前面に出たせいで、クロカンイメージが崩れ去っているところだね。

そして、Z。
IMG_20170924_115018
こいつぁ、モノコックまんまだし、リアはド・ディオンだっけか、何より4WDはオンデマンドで固定できないと、4台の中では、まぁ一番今はやりのSUV寄りなのは間違いない。たまたまアクティがミッドシップで、そのプラットフォームを起こしたから、なぁんとなく軽トラック譲りな印象があるけれど、実はたまたま乗用車ベースで作っちゃいました、とあまり変わらんのかもしれぬ。
ホンダってまた、今に至るまでまともなオフロードマシンを作ったことなくって、ノウハウの点でも、ジムニーはもちろん、ジープ~パジェロと来た三菱、地味だがタフトに始まりロッキーやラガーなど作ってきたダイハツとは格が違う。だからか、たとえばZは、クロカン走行すると、インタークーラーをしばくとか、よからぬうわさがあって、とにかく4台の中ではべろべろに乗用車だ。
でも、それでも、軽トラ由来なんだし、最低地上高はがんばってるし、15インチ履いてるし、ホンダの歴代の作品の中でいうなら最もオフロード志向…とも言えなくもない。

また、他3車は(経済状況の悪化というネガティブな要因はあれど)10年以上作られたのに対し、Zだけは4年満たず生産を終えている。圧倒的なマイナー車である。せめて、廉価版という位置付けでいいから5MT+ふつうのパートタイム4WDグレードがあったら、なぁと思うのだが。

とまぁ、一般的には中途半端極まりないZだが、ふとしたことで、職場の相棒が手に入れたのち、小生も乗ることになって、ですな。
1日走っても、ジャガーのモンデオは4台もみかけたのにZは自分たち以外にたった2台しか見かけないレアなクルマが2台並ぶってのは、なかなかおもしろい話。
んで、一度林道突っ込んでみたかったんだよね。

近所のダートでちょろっと試走はしているけれど、見晴らしのいい山岳ダートに突っ込んでみようってことで、兵庫県某所にあるK川S田林道へ。K町側からアプローチ、べったべたのフラットダートで、舗装も進んでいる。グングン標高を上げてピーク。
IMG_20170924_133956
ここまでは、むしろワゴンRでも行けるわくらいの勢いだ。ピークには開削中の林道もあって、工事車両も入っている模様。
行政区分が変わってA市に入ると、途端に荒れだす。
IMG_20170924_134406
IMG_20170924_134857
落石はほったらかしだし、路盤もところどころ削れている。まぁでも、これくらいならムーブでも神経使えば行けるか。ハスラーなら余裕だろう。一気に下って、沢伝いまで標高を落とすと、北側ゆえの一部湿ったところはあるが、路盤も安定してきた…ところが。
IMG_20170924_140119
道路を横切る水路が、溢れたんでしょうな、路盤を削って深いギャップになっている。さぁ、きた。これはタントじゃ無理やで。キャストアクティバも無理やろ。…いや、Zも大丈夫か?
IMG_20170924_140303
なんとかなりました。ギリギリ。ほんと、腹当てる、バンパーこする直前だったわ。むしろテリキのエアロダウン系だったら、エアロパーツバッキバキだったかもね。

というわけで、ちょっとだけドキドキでしたが、Z、Zならではのダート、ギリギリのラインを楽しめましたとさ。ベッタベタフラットダートは、それこそワゴンRムーブでも行けちゃうしね。かといって、もう3cmでもギャップ深ければ引っかかっていたろう。


脱出して、丹波市柏原で第一旭。
IMG_20170924_151706