いやぁ、短かった。9か月ほどか。iを手放した。

i、すっごくいいクルマだったんだよ。よくできたクルマ。快適装備は満載だし、ミッドシップらしい小気味よいハンドリングも楽しんでいたし、ボディシャーシは(軽自動車としては)いかにも金かかってますってのがひしひしと伝わってきて、ほんと好きだったんだけど。

しかしね。5月に入ってある週末、マクドで飯食って出てきたら、左フェンダーからドアにかけて、当て逃げされていた。

最悪。

へたくそなんはともかく、逃げるってのが、人間として終わっとる。

凹んで翌週、今度は亀山のR1BPにて、前を走るトラックが、木の箱か板かを踏み飛ばしたんだ。あっと思った瞬間に、右バンパー直撃。樹脂なんで、押し出したらべっこん形は戻ったけど、細部に亀裂は傷。

で、ちょっとさすがに、冷めた。個体に冷めた。思えばこの9か月で、カマも掘られている。大して距離を走っているわけでもないのに(6万㎞台)ファンベルトも切れた。

憑りつかれている、とまでは言わぬが、縁起が悪いというか、ちょっと気持ち悪くなって。

何より決定打は、購入時には気づかなかったんだが、前オーナーがやらかしたローダウンね。これのせいでステアリングセンターは狂うわ、乗り心地は悪いわ。ほんと人乗せるたびに文句言われる。純正に戻すとなると、15万円くらいって言われていたんだけれど、当然こうも重なると、そんな金かける気にもならん。

ローダウンなんて、ほんと、最低ですね。車高の低さは知能指数の低さって、よく言ったもんだよ。

ってことで、急転直下ながら、処分することとした。
幸い、みぜつーが一人乗りとはいえあるから。

さてさて、お次はどうするか。

願わくば、設計者が意図したとおりのiに乗ってみたいところではあるが。