ミゼット2は大変楽しい軽トラだったけど、やはりトランポとしてはネタ感強すぎる。

なぁんてカーセンサー物色していたら、4WDで2万kmちょいしか走っていないミニキャブがあってさ。冗談めかして同僚にミゼット2いる?ってったらまんざらでもなかったので、勢いでリプレースしました。

三重まで近鉄で行って、受け取って帰ってくる。ミゼット2からしたらずいぶんふつう。あたりまえだけど。
荷台は大きくて、オフ車は余裕で載る。あたりまえだけど。

ミニキャブ、この型の初期は、サイドブレーキが運転席右側にあって、うまく詰め物をすると、助手席運転席通して横になれる。一人乗りだったミゼット2は比較対象じゃないかもしれぬが、長距離仮眠取りながらってのもこなせそう。

当然ながらMTなんだけど、これがまた、実にプリミティブで、あぁクルマ動かしてるなぁって感動はミゼット2にも劣らない。もっとも、ミニキャブはインジェクションだし、ベーシックではあるけ乗りやすいのもまた、事実か。

4WDは、ボタンで切り替える。センターデフはないので、基本FRで走る。最低地上高が低いって噂を聞いていたが、確かにちょっと大きめの障害物は当たるね、林道とかは不向きかも。

あんまり個性が強いマシンから何の変哲もない外観のマシンへ乗り換えると、(別に誰もそんなに見ていないんだけれど)なんか他人の目が冷ややかになってしまうような気がして、最初はへんな感じなんだけど、すぐ慣れるハナシ。よいよ、軽トラ。楽しい。