日本全国に散らばる、甘美な言葉「限定品」を求めて

日本の国土面積はおよそ38万㎢。 高速交通網が発達して、まして狭くなったといわれるけれど、細長い、そして地形に阻まれて交流が盛んでなかった経緯ゆえか、これだけ画一化した中でも、時々地域にしかない限定アイテムが沸いて出たりします。 そんな限定アイテムを追い求める記録。 今時なので、通販したら早いです。でも、あえて現地に行くんです。それが楽しいのです。 2016年はまず、キリンビールの一番搾り「47都道府県づくり」からスタートします。 ときどき、交通手段の乗り物についても。

カテゴリ:のりもの > クルマ

夏にちょっと人を載せる案件があって、レンタカー?タクシーをチャーター?いろいろ考えたんだが、愛知に2代目のプレマシーが、車検2年ついて20万円ちょいであるってから、また軽いノリで買っちゃった。

ってことで、初マツダ。
IMG_20190319_105707
2LのFF。アクセルを踏み込むと、最近のクルマっぽくぐわっと勢いよく飛び出す感じ、なんかそういう流れみたいですね。ふつうに走ってる分には、FFだからアタマ重くてアンダー…みたいなことはほとんどない。よく走るわ。ただ、そのアクセル初期の挙動もあわせ、がんって踏み込むと、ちょっと暴れるね。特に路面がウェットだったりすると。

さて、買ったはいいが、めったなことではたくさん人を載せないわけだけど、でも、年1~2回、わちゃわちゃ人が乗ると、それは独特の楽しさがあるね。ま、車検2年ついて20数万円というなら、そういう楽しみのためと割り切ってもよいのかもしれん。

ミゼット2は大変楽しい軽トラだったけど、やはりトランポとしてはネタ感強すぎる。

なぁんてカーセンサー物色していたら、4WDで2万kmちょいしか走っていないミニキャブがあってさ。冗談めかして同僚にミゼット2いる?ってったらまんざらでもなかったので、勢いでリプレースしました。

三重まで近鉄で行って、受け取って帰ってくる。ミゼット2からしたらずいぶんふつう。あたりまえだけど。
荷台は大きくて、オフ車は余裕で載る。あたりまえだけど。

ミニキャブ、この型の初期は、サイドブレーキが運転席右側にあって、うまく詰め物をすると、助手席運転席通して横になれる。一人乗りだったミゼット2は比較対象じゃないかもしれぬが、長距離仮眠取りながらってのもこなせそう。

当然ながらMTなんだけど、これがまた、実にプリミティブで、あぁクルマ動かしてるなぁって感動はミゼット2にも劣らない。もっとも、ミニキャブはインジェクションだし、ベーシックではあるけ乗りやすいのもまた、事実か。

4WDは、ボタンで切り替える。センターデフはないので、基本FRで走る。最低地上高が低いって噂を聞いていたが、確かにちょっと大きめの障害物は当たるね、林道とかは不向きかも。

あんまり個性が強いマシンから何の変哲もない外観のマシンへ乗り換えると、(別に誰もそんなに見ていないんだけれど)なんか他人の目が冷ややかになってしまうような気がして、最初はへんな感じなんだけど、すぐ慣れるハナシ。よいよ、軽トラ。楽しい。

台風が接近している大雨の中、ちょっとみぜっつー走らせて、でかけてたんですね。

1件用事を終わらせて、次へと神戸市の辺縁、西区岩出あたりを走っていたときですよ、突然、バンっというかブチっというか音がして、回転がいっきに落ち始めた。

ドテ雨の中、周りはコンビニも見えず、間の悪いことにケータイの充電も心もとない状態で、任意保険のロードサービスに連絡がついて、なんとか無事、ディーラーまで運んでもらえましたとさ。

んで、2~3週間かかるって言われてたのに、2日後電話、デスビキャップが粉砕していたとのこと。

あっさり治って、お代も2万ほどでした。


しかし、また気になるところが。エアコンの送風が、切り替えても強くなんないなぁ。季節柄、特別困るわけじゃないけど。様子見ながらこっちもメンテしてもらおう。

個人的には、小中高より、大学のつれが、一番しつこくつきあっている。とはいっても、もう周りは身を固めて全国に散らばり、めったには会わぬのだが。

今年の体育の日絡みの連休、久々に会わないか、となり。
一応バイクつながり、ということになるんだろうが、一人にスタッドレスタイヤを譲るってハナシが以前からあって、西日本方面は小生一人、延々高速を走っていくのもだるいし、また、2人は現地でレンタルバイクという。

ってなわけで、ミゼット2にCRM80(とスタッドレス)を積載し、長野まで行くこととした。
みぜつーなら、しんどけりゃなんとか仮眠もとれる。どう考えても高速走行は得意じゃないけど、それでも片道500㎞からなる距離を駆けていくには、バイクよりゃはるかに楽だ。
それゆえ、前日出発もかなう。土曜に仕事を終え、積み込み、準備を終えて、出発は日付が変わって10/8になったころ。

亀岡を抜け、京都市に入って五条で京都ラーメンを一杯。市内を抜けて京都東ICから高速道路へ。滋賀に入って猛烈眠くなり、菩提寺PAでちょっと仮眠。みぜつーは、体が窮屈故、1hもしたら目が覚める。仮眠にはちょうどよい。走行車線をべったり。
IMG_20171008_051923
順調に流して中央道~長野道へとシフトし、一次集合みどり湖PAへは、0700前に着いた。
みどり湖PAは、上りも下りも、なぜか広域のモケケがおる。といっても、さすがにご当地物はだいたい抑えちゃっているが、チモッケを中心に抑えておいた。
IMG_20171008_065854
IMG_20171008_070706
そうそう、ルマンドアイス、独特な食感でうまいとは思う。
IMG_20171008_074417
しばし仮眠後、無事合流を果たし、いったん松本で小生はみぜつーからCRMを降ろす。他はBMW・G650、ホンダ・CBR400、ホンダ・CRF250ラリーというメンツ。松本盆地の西麓を北に抜けて、大町のダムへ流す。
IMG_20171008_130257
IMG_20171008_134142
IMG_20171008_134202
IMG_20171008_135231
山が深い。高い。長野まで来ているんだなぁって実感。

CBRはこの日限り。他は志賀高原に宿泊、移動なんだが、小生はみぜつーを回収しに、CBRと共にいったん松本まで戻る。一方、BMWはオイルにじみ発生で、赤男爵に寄っていくとのこと。しばし別働となる。バタバタしたが、2100ごろ、お世話になる奥志賀高原のシャレー・クリスチャニア到着。
IMG_20171009_093300
オーストリアのコース料理が楽しめる良宿。到着が遅くなってしまって、コースを提供する側には大変申し訳なかったが、わざわざ私たちのために食堂では落ち着いたBGMを流してくれるなど、本当ありがたい。
IMG_20171008_225019
IMG_20171008_212441
IMG_20171008_213044
IMG_20171008_213209
IMG_20171008_213523
IMG_20171008_220558
前菜、スープ、魚、肉、そしてデザート。どれもね、最高ですよ。また、パンがちょーうまいんです。
これで、グリーンシーズンは3連休でも1人1万円ちょい。ぜったいおススメです。
IMG_20171008_212917
IMG_20171008_213139
IMG_20171008_220822

部屋に戻ってグダグダ飲んで、をやすみなさいをはやうございます。
IMG_20171009_082006
朝食もすてき。

標高1600mくらいの奥志賀高原は、紅葉もそこそこ。空気感がとても心地よい。
IMG_20171009_093329
IMG_20171009_093410
IMG_20171009_094056

チェックアウトして、もはや恒例、毛無峠詣。
IMG_20171009_113644
IMG_20171009_114628
IMG_20171009_114759
IMG_20171009_122528
IMG_20171009_124219
IMG_20171009_124853
IMG_20171009_130037
年々有名になっちゃって、クルマ(訪問者)がどんどん増えている。あと、鉱山の遺構はかなり片づけられちゃったね。それでも。来たらおぉ~って思わず声が漏れる程度に絶景なのは変わりない。

といったあたりで、今回は解散。
バイクはおまけ色の強い2日となった。
いやぁバイクはトランポに限るゎ。個人的には。


現行の軽自動車規格スタートしたのは、1998年、か。登録車はバブル崩壊後のコストダウンで一気に安っぽくなったとか言われるけれど。軽自動車に関しては、むしろ景気が悪くなる流れも手伝って拡大市場にあり、それまで安っぽかったのが一気に資本が集中、クォリティが上がった、その頂点に達したのが1998年だったのかなぁって気がする。メーカーによって若干の時差はあるけど、とにかく新規格移行時あたりから、軽自動車はぐっとクルマになった。

そしてまた、面白いクルマがたくさんあったよね。スポーツ系こそ、コペンまで一瞬途絶えるけれど、クロカン/SUV系は伝統のジムニー、規格拡大前から気を吐いていたパジェロミニに加え、ダイハツはテリオスキッド、そして、ホンダもZと、4種が一堂に揃う、豪華な時期だった。

特筆すべきは、これらすべてが、乗用車系のFFプラットフォームではなく、独自のレイアウトを持っていたこと。
この先も、FF乗用車ベースのクロスオーバーが出そろうことはあるかもしれぬが、四駆のためだけに起こしたプラットフォームの四駆が4種もそろうなんて、未来永劫ないんだろう。

独自とはいえ、各社味付けはそれぞれ異なっており、一番オフ向けなのは今も昔もジムニー、間違いない。ベッコベコに言わしても生還できよう独立したラダーフレーム、副変速機を備えたパートタイム4WD、前後リジッドサスと、まぁよくもここまで。タイヤも唯一16インチである。

パジェロミニは、スペックだけ見ると確かにオフ性能は劣る。フロントはストラットだしタイヤは15インチだし。ボディもフレーム構造はビルトインではあるが一応モノコック。四駆はパートタイムだし、んま、ガチでクロカンでもしない限りは十分な性能なんだけれどね。
テリオスキッドも、フロントストラットで、15インチ、ビルトインフレームのモノコックと、パジェミと似たり寄ったり。決定的な違いは、世間様は4ドアってハナシになるが、それよりセンターデフ組んだフルタイム4WDってこと。オンロード主体の昨今、ガチのパートタイムははっきり言って使い道がない。それこそ買って一度も4WDになど入れぬかもしれぬ。そこは、少々荒れたロードを走るのに常に4WDのテリキは、むしろいいと思うんだよね。しかも、副変速機こそないが、デフロックはできる。よくジムニーvsパジェミが取り上げられるけれど、テリキは一戦交えていい。残念なのは、エアロダウンなる、最低地上高を下げる(エアロパーツ分だけじゃね?と思うんだが)仕様が前面に出たせいで、クロカンイメージが崩れ去っているところだね。

そして、Z。
IMG_20170924_115018
こいつぁ、モノコックまんまだし、リアはド・ディオンだっけか、何より4WDはオンデマンドで固定できないと、4台の中では、まぁ一番今はやりのSUV寄りなのは間違いない。たまたまアクティがミッドシップで、そのプラットフォームを起こしたから、なぁんとなく軽トラック譲りな印象があるけれど、実はたまたま乗用車ベースで作っちゃいました、とあまり変わらんのかもしれぬ。
ホンダってまた、今に至るまでまともなオフロードマシンを作ったことなくって、ノウハウの点でも、ジムニーはもちろん、ジープ~パジェロと来た三菱、地味だがタフトに始まりロッキーやラガーなど作ってきたダイハツとは格が違う。だからか、たとえばZは、クロカン走行すると、インタークーラーをしばくとか、よからぬうわさがあって、とにかく4台の中ではべろべろに乗用車だ。
でも、それでも、軽トラ由来なんだし、最低地上高はがんばってるし、15インチ履いてるし、ホンダの歴代の作品の中でいうなら最もオフロード志向…とも言えなくもない。

また、他3車は(経済状況の悪化というネガティブな要因はあれど)10年以上作られたのに対し、Zだけは4年満たず生産を終えている。圧倒的なマイナー車である。せめて、廉価版という位置付けでいいから5MT+ふつうのパートタイム4WDグレードがあったら、なぁと思うのだが。

とまぁ、一般的には中途半端極まりないZだが、ふとしたことで、職場の相棒が手に入れたのち、小生も乗ることになって、ですな。
1日走っても、ジャガーのモンデオは4台もみかけたのにZは自分たち以外にたった2台しか見かけないレアなクルマが2台並ぶってのは、なかなかおもしろい話。
んで、一度林道突っ込んでみたかったんだよね。

近所のダートでちょろっと試走はしているけれど、見晴らしのいい山岳ダートに突っ込んでみようってことで、兵庫県某所にあるK川S田林道へ。K町側からアプローチ、べったべたのフラットダートで、舗装も進んでいる。グングン標高を上げてピーク。
IMG_20170924_133956
ここまでは、むしろワゴンRでも行けるわくらいの勢いだ。ピークには開削中の林道もあって、工事車両も入っている模様。
行政区分が変わってA市に入ると、途端に荒れだす。
IMG_20170924_134406
IMG_20170924_134857
落石はほったらかしだし、路盤もところどころ削れている。まぁでも、これくらいならムーブでも神経使えば行けるか。ハスラーなら余裕だろう。一気に下って、沢伝いまで標高を落とすと、北側ゆえの一部湿ったところはあるが、路盤も安定してきた…ところが。
IMG_20170924_140119
道路を横切る水路が、溢れたんでしょうな、路盤を削って深いギャップになっている。さぁ、きた。これはタントじゃ無理やで。キャストアクティバも無理やろ。…いや、Zも大丈夫か?
IMG_20170924_140303
なんとかなりました。ギリギリ。ほんと、腹当てる、バンパーこする直前だったわ。むしろテリキのエアロダウン系だったら、エアロパーツバッキバキだったかもね。

というわけで、ちょっとだけドキドキでしたが、Z、Zならではのダート、ギリギリのラインを楽しめましたとさ。ベッタベタフラットダートは、それこそワゴンRムーブでも行けちゃうしね。かといって、もう3cmでもギャップ深ければ引っかかっていたろう。


脱出して、丹波市柏原で第一旭。
IMG_20170924_151706

↑このページのトップヘ